カードローン審査甘いランキングに注意!審査が緩い金融よりも大手消費者金融でお金借りる

 

カードローンの審査甘いランキングには注意をしましょう。

 

審査が甘いという事はそれなりの理由があるからと考える必要があるからです。

 

審査が甘いという事は、それだけカードローン会社はリスクを取るという事になります.

 

それだけのリターンが見込めなければ、そのようなリスクを取る意味がないからです。

 

最も考えられるリスクは、個人情報の漏洩という事が考えられます。

 

これは金融機関が個人情報の管理をずさんにする事で経費を安くするというパターンですが、個人情報の管理という事は実はとても大変な事でもあります。

 

特にキャッシングの時の審査に使用するような情報は、個人の経済状況を把握することが出来るデータという事になりますから、闇社会では、このような情報は売買されるぐらいの情報という事になります。

 

管理が甘いところは情報を簡単に持ち出すことが出来るようになるので、自分の個人情報が闇社会で売買されるようになる可能性すらあるという事を考えれば、これがいかにリスクの高いことなのかという事も分かるはずです。

 

単に名前や住所が漏洩するというだけではなく、その人の経済的な状態が判断できる情報が漏洩するという事になれば、これで闇金のような所からターゲットにされる事も考えられます。

 

個人情報の管理にはそれなりのコストを払わなければ出来る物ではありません。

 

単にデータをある場所に保管して置けば良いというのではなく、ある意味では厳重な金庫に閉まっておくというような事をしなければならないわけです。

 

その金庫のレベルがそのまま個人情報の漏洩リスクになると考えても良いでしょう。

 

誰もスイス銀行のとんでもない厳重管理のなかにあるようなものを盗もうと考える人はいませんが、鍵もしていないような金庫に情報があるとなれば、その情報を盗もうという気になる人が出てくるのは当然という事もいえます。

 

何しろ売ればお金になるという事が分かっている、盗む側としては無料でお金が手に入る、とんでもない誘惑のある情報が目の前にある事になるわけです。

 

場合によっては、この個人情報を売買することを考えてわざと審査を甘くしているところがある可能性すら考えられます。

 

何しろバレなければこれほど上手い商売はありません。

 

情報は無料で手に入るわけですし、審査が甘いというところを選んで来るお客さんは、闇金のようなところとしては最もターゲットとしやすいところという事が言えます。

 

言葉は悪いですが、鴨が葱を背負って自分からやってくるという事になっていると言っても良いかもしれません。

 

会社がいつ潰れても良いというように考えているような所であれば、これほどの美味しいビジネスは無いと言っても良いでしょう。

 

信用が無くなっても別に会社を潰して別会社にすれば良いだけのことですから、会社の信用など気にする必要もないというわけです。

 

ましてや世間的に知られていない会社であれば、元々信用すらありませんから、情報漏洩が漏れて信用を失うような事があっても全く問題はありません。

 

元々信用でお金儲けをしているわけではないのですから、何も怖いものがないわけです。

 

ですから、世間的に知られている大手消費者金融という事に意味が出てくることになります。

 

世間的に知られているということは、信用によって利用者を獲得しているので、この信用が失われるような事は絶対にあってはならないわけです。

 

ですから個人情報管理のような事は徹底して行うようになっています。

 

昔の消費者金融とちがって、今の大手と言われるような消費者金融はメガバンクといわれるような銀行がバックに入っています。

 

消費者金融の不祥事はそのままバックにいる銀行の不祥事でもあるという事になり、そのような事になれば銀行そのものの運営すら出来なくなることになってしまいます。

 

ですから、審査は厳しくして徹底した情報管理というモノもするようになるわけです。

 

これは会社の命運がかかる仕事ともなりますから、いわば厳重管理で有名なスイス銀行のような状態で情報管理を徹底させる様にもなるというわけです。

 

ということは、審査の甘さを見ればその会社の情報管理のレベルも分かるし、信用の価値をどれだけ重要に考えているのかという事も分かるという事です。

 

審査が甘いという事は、個人情報の管理を甘くしているという事であり、その事で何らかの利益を得られるようにしているという事になります。

 

誰も信用できない人にお金を貸すなどと言う事をするはずはありません。

 

そのようなリスクを背負ってお金を貸してくれるという行為には、それなりのメリットがあるからだと考えるのが当然で、そのメリットは利用者の不利益になる事である事も間違いありません。

 

個人情報の売買しろ直接的にその人に不利益が被られるわけではありませんが、その情報が闇金のようなところに回って間接的に大きな不利益を被る事になるという事を考える必要があります。