AUウォレットでお金借りる 今すぐキャッシング 勤務先に連絡なし、在籍確認のタイミング アコム増額よりおすすめ?

 

じぶん銀行カードローン

 

1.銀行ならではの低金利

 

2.返済額は1000円から

 

じぶん銀行は金利が安いのが最大の魅力で、エーユーユーザーへの金利優遇があるのがメリット^^。

 

・金利2.2%〜17.5%
・誰でもコース  2.1%〜17.4% ※auユーザー限定!!
・借り換えコース 1.7%〜12.5%

 

限度額 最大800万円なので、使い勝手いいですね

 

 

AUウォレットは基本的にはプリペイドカードですが、もちろんプリペイドカードではキャッシングはできません。

 

キャッシングをしたい場合にはクレジット機能付きのカードを申し込む必要があります。

 

申し込める人としては条件があり、まずはAUを契約している必要があります。

 

携帯電話だけでなくインターネットでも可能ですが、全く契約していないような人は申し込み条件からは外れます。

 

次に年齢です。満18歳以上で、かつ高校生でないことが必要です。

 

そして、本人またはその配偶者に安定した収入のあることが条件となっています。

 

これらの条件を満たしていないような人はそもそも審査に通ることがありませんので、予め確認しておきましょう。

 

そして、クレジットカードの審査で気になる勤務先への連絡、つまり在籍確認ですが、これは基本的に行われるものと思っておいたほうが良いでしょう。

 

先ほど書いた申し込みの条件ですが、AUを契約しているかどうかというのはAU側として調査すればすぐに把握することができます。

 

年齢についても、本人確認書類を提示することが求められていますからこれも客観的に把握することが可能です。

 

ところが安定した収入というのはそうはいきません。これは申し込み時には基本的に本人の申告だけとなります。

 

申告した勤務先が本当かどうかというのは、提出された書類だけからでは何とも言えないわけです。

 

勤務先が正しいかどうかというのは、審査に当たっては非常に重要な情報です。

 

これは安定した収入を得ていることに直結するからで、例えば万が一本当は無職であるにも関わらずどこかの企業名を勝手に申込書に記載していたとすればどうなるでしょう。

 

本当は無収入なのですから借りたお金を返す当てがあるはずもない人に対してお金を貸してしまうことになります。

 

これではきちんとお金を返してもらえる保証など無いに等しく、こんなお金の貸し方をしていては会社の経営など成り立ちません。

 

ですから、会社としては何とかしてその勤務先が正しいことの保証を得る必要があると考えており、そのために行われるのが在籍確認です。

 

在籍確認は基本的に電話により行われます。

 

申込書に記載した勤務先の電話番号に対して担当者が電話をかけ、本当にその会社に在籍しているかどうかを確認するわけです。

 

このタイミングですが、普通は審査の過程の最後に行われます。

 

たかが電話一本とはいえ手間ひまを要することであり、社内で書類を確認するだけで済むことではありません.

 

社内だけで完結する書類審査を終えた段階で在籍確認を行うことが普通です。

 

言い換えれば、社内で行われる書類審査だけでも落とせるような人は先に落とされてしまい、わざわざ電話をかけることが必要な在籍確認は行わずに済むという話です。

 

在籍確認というとどうしても一種の緊張感があるというか、マイナスイメージを持つ人も多いでしょうが、この話を聞けば必ずしもそうではないことが分かるでしょう。

 

つまり、在籍確認の電話があったということは、書類審査では既に通っていると考えて良いわけです。

 

書類審査の段階で落とされていればそもそも在籍確認などは行われないからです。

 

ということで、在籍確認は、後はそれさえクリアすればもう審査通過は目の前ということで、マイナスイメージどころか待ってましたとばかりに躍り上がって喜んでもよいくらいのものなのです。

 

ですが、やはり審査の可否を決定する権限を持った相手先から自分に対して電話が、しかも勤務先にかかってくるというのは緊張することは間違いないでしょう。

 

とくに勤務先にかかる以上、できれば無しで済ませたい、無しで済ませることはできないのかと思う人がいたとしても不思議ではありません。

 

この気持ちは分かるのですが、確実な回避方法は存在しません。先にも書いたとおり、在籍確認が持つ意味合いを考えればこれは明らかです。

 

在籍確認を無しにして欲しいと思う人は、自分自身に物事を置き換えて考え、返ってくるとの確証が持てない相手に対してお金を貸してあげますかという質問に答えてみれば良いでしょう。

 

普通はノーと答えるはずです。在籍確認を無しにするというのもそれと同じことで、常識的に考えればノーなのです。

 

もちろん、これを判断するのはAUウォレット側の担当者であり、理由はよく分からなかったとしても在籍確認が行われないことは現実として存在します。

 

100%必ずかかってくるかというとそんなことはありません。

 

おそらくは、AUの携帯電話やインターネットに申し込んだ時点で勤務先情報についても把握しています。

 

その後そんなに月日も経過していないので改めて確認する必要はないだろうと判断したためというようなことが考えられます。

 

ただ、これはあくまでも推測ですし、決定はAU側の判断に基づくもので、申込者側がコントロールできる内容として確実に回避できるような方法はないということです。